いろんなファブリックパネルを作ってみる

wish

布以外で作ってみる

何もファブリックにこだわる必要はありません。

紙でもいいし、ピニールでも金属でもよいと思います。

ホームセンターなんかに行くとたくさんの素材があります。

アルミやアクリル、発泡スチロールに木材。

それらをうまく使いこなすことで、より独自性の高いインテリアアイテムが出来るのではないでしょうか。

千代紙で作ってみては、というユニークな意見を頂いたこともあります。

リビングだけなんて勿体ない

小さなサイズのファブリックパネルなら玄関の模様替えやトイレにもいいんじゃないでしょうか。

お気に入りのリビングだけしか飾らないなんて勿体ないですよ。 30×30cmとかどうでしょう。

玄関の入り口近くにちょこんと飾ってやるのもなかなかカッコイイと思うんですけどね。

20×10cmの小さなものを三つくらい並べてみるのも一つの手です。

同じ大きさのものを並べると連続性が出てきますよ。

自分の都合に合わせて、パネルの構造自体を改造してしまえばいいのです。

画材屋さんなんかに売っているような、キャンバスをはって使うパネルがありますよね。

ファブリックをはってお手軽にファブリックパネルが作れます。

特に女性の方など、 ノコギリをひいたりすることに抵抗がある、自信がない、という方にはお勧め。

ちょっと値は張りますが、かっちりしています。

でも1000円以下のものが多いかな。 大きいのになるとやっぱり高くなってしまいますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>