ファブリックパネルの作り方

pc3

「ファブリックパネル」とは?

木枠と合板で作ったパネルにインテリアファブリック(主に柄物)を貼り付けて壁に飾るインテリアアイテムです。

用途 用途としては同じく壁に飾る、「タペストリー」とよく似ています。

しかし、ファブリックパネルは木枠が中に入っていますので、カチッとしたイメージを作ることができます。

また簡単に取り替えることができるので気軽に模様替えを楽しむことができます。

ファブリックパネルの発祥

日本ではまだまだ認知度が低いアイテムですが、 北欧やヨーロッパ諸国では長く親しまれているそうです。

日本と違い、北欧などは厳しい寒さから家の中で過ごす時間が 多くなります。

家の中、という限られた空間を最大限楽しむために「壁を飾る」 という概念が生まれたのかもしれません。

また、スウェーデンやフィンランドなどの北欧諸国は 繊維業が昔から盛んでした。

洗練された、素朴で暖かみのあるデザインはくせがなく、 どんなスタイルにも良く馴染みます。

あなたも壁にアクセントをつけてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>