おすすめは間接照明

pc27

間接照明とは 「直接光源が見えない、壁や天井など建築物の躯体に光を当て、反射光で室内を照らす照明」のことを指します。

物を見るためではなく、「空間を見せるための光」それが間接照明です。

空間を見せる、という大前提があるためカフェやバーなどでよく使われています。

カフェ部屋作りに欠かせない要素と言えるでしょう。

効果的な模様替えを行うにあたって、間接照明の利点と特徴を検証していきます。

間接照明と直接照明の違い 照明器具から発した光を一度何かに当てることで、やわらかい反射光を作り出すことができます。

部屋全体をやわらかい光が照らすのでリラックスできる空間を作るのにぴったり、というわけです。

また、部分的に照らすことで「明るさの濃淡」を作り、部屋を立体的に見せることができるのです。

直接照明のように一つの照明で部屋全体を照らす方法よりも、たくさんの空間演出が楽しめるのも間接照明の魅力です。

一般的に光は床にあてると天井が低く、部屋が狭く見える。 しかし光を壁にあてることで天井は高く感じられ、結果として部屋は広く見える。

特に住宅事情の悪い日本では、間接照明はうまく使うことによって、空間を広々と感じさせることもできるのです。

他にも間接照明の使い方として、部屋の隅に設置して印象的な空間を演出したり、絵画や観葉植物など「見せたいもの」を より引き立てることも可能です。

その空間にいる人の「視点」をある程度コントロールすることすらできてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>