照明を上手く使ってみる

sm12

照明を使った模様替えはリビングや寝室など、特にリラックスしたい場所にこそ照明の本領発揮ですよね。

数あるインテリアアイテムの中でも比較的安価で、効果が非常に高いのが照明の特徴といえます。

手間を掛けずに、お金をかけたくない、という時にも照明を使った模様替えというのは最適ですよ。

部屋が持っているテイストにあわせた照明で雰囲気をガラっと変えてしまいましょう。

スペースにあわせた照明選び 部屋の模様がえや引越しのをする時、ついでに照明も新しいものに変えてみる。しかし、知っているようで意外と知らないのが「照明の選び方」です。

部屋、といってもリビングや寝室、ダイニングに玄関、それぞれにあった照明選びが必要です。

蛍光灯と白熱灯

蛍光灯はあざやかな白色で、影ができにくく、室内を明るく照らすことができます。 白熱灯に比べると、消費電力が少ないため長く使えます。 用途としては 長時間点灯するリビングなどに向いています。

白熱灯は、印象が暖かく、趣のある空間を作り出すことができます。 蛍光灯に比べると暗く感じるかもしれませんが、リビングや寝室など、ムードを大切にしたい所に生かしたい照明です。 カフェなどでは圧倒的に白熱灯が使用されていますね。

場所に合わせた照明選び

ダイニング
食卓には料理が美味しそうに見える白熱灯の光が効果的です。 家具や食器をアースカラーで揃えれば、なお統一感が出ます。 ただし明るく楽しげな雰囲気をだしたい時は蛍光灯が良いでしょう。 黄色やオレンジ、赤など若々しいイメージの色を選ぶとより賑やかになります。

リビング
リビングの照明は明るくしてしまいがちですが、部屋の中でも最もくつろげるスペースにするべきです。 あまりに眩しすぎると気が休まりません。 テレビやパソコンの画面の光が悪目立ちしない程度の照明が理想的でしょう。 具体的には 「10畳の部屋で100Wぐらいの照明」を目安にしてみてください。

サニタリー
トイレやバスルームは60Wの照明が良いと言われています。 バスルームには白熱灯が適しているでしょう。 蛍光灯では肌が青白く見えてしまいます。 玄関 疲れて帰ってきた時、またお客さんを迎える時に入り口となる玄関。 明るいイメージで人を迎えるためにも蛍光灯の光がいいかもしれません。

間接照明の柔らかい光を使う時には明るめのものを選びましょう。

玄関に間接照明を使うなら明るめか、複数の照明を組み合わせたものをおすすめします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>